ペット火葬に役立つ知識!初めてでも満足できる葬儀にするための情報まとめ

ペット火葬を実施する際に心がけるマナー

大切なペットが亡くなったときは火葬して弔ってあげましょう。
きちんと供養してあげることで、ペットもあの世で幸せになってくれます。
さて、ペット火葬にはこれといって厳しいマナーがあるわけではありません。
余所のペットの葬式に参列する場合は服装など気をつけなくてはならない点はいくつかありますが、自分の飼っていたペットを火葬する場合は、そこまで気が舞えなくてもいいでしょう。
服装は派手過ぎるものでなければ普段着で問題ありません。
ただし、お葬式も依頼しているようであれば黒ベースの服が良いとされています。
燃えるものであれば、おやつやおもちゃを一緒に棺に入れてあげるのもOKです。
分からないことがあれば、事前にペット火葬場のスタッフに確認しておくといいでしょう。
もちろん、騒がない、写真や動画を執拗に撮らないなど最低限の人としてのマナーは存在します。
大切なのは供養するという気持ちなので、その気持ちを大切にペット火葬を実地しましょう。

ペット火葬の最適な服装と最低限のマナーとは

ペットの火葬は行う人が増えており、人間と同じような形式をとることが多くなっています。
人間の葬儀のように厳密なルールはないものの、避けた方が良い服はあるので注意しなくてはなりません。
避けた方が良い服にはきらびやかな飾りがついているもの、動物を連想させる服、ヒールが高い靴などがあります。
動物を連想させるものとして、ファーや動物柄、毛皮などがあり、ファーと毛皮は動物の殺生をも連想させてしまいます。
寒い時期に行う場合は防寒対策として着ることが多いのですが、ペット火葬においては着ない方が無難ですし、フェイクファーであっても身につけない方が良いでしょう。
ペット火葬で最適な服装は、黒や紺といった暗めな色のスーツになります。
喪服を着る必要はありませんし、ペット専用の火葬場であればかしこまりすぎる必要はありません。
また訪問でペット火葬を行う場合は普段着のままでも良いです。
ですが火葬場を使用する場合は黒が最もふさわしく、場になじむので黒を基調とした服を選ぶようにします。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬で後悔しないために

このサイトでは、はじめてのペット火葬でも満足できる葬儀を行うための知識をまとめて紹介しています。 ペットを家族同然として迎え入れる家庭が増えたことで、亡くなったときには人間と同じように弔ってあげたいと考える方も増えています。それでも、法的に厳しいルールがあるわけではないので、飼い主の気持ちに沿わず処理してしまう業者も少なくはありません。 そこで、大切な家族を送り出すために、事前に役立つ知識を持っておくのがいいでしょう。

Search