ペット火葬に役立つ知識!初めてでも満足できる葬儀にするための情報まとめ

このサイトでは、はじめてのペット火葬でも満足できる葬儀を行うための知識をまとめて紹介しています。
ペットを家族同然として迎え入れる家庭が増えたことで、亡くなったときには人間と同じように弔ってあげたいと考える方も増えています。
それでも、法的に厳しいルールがあるわけではないので、飼い主の気持ちに沿わず処理してしまう業者も少なくはありません。
そこで、大切な家族を送り出すために、事前に役立つ知識を持っておくのがいいでしょう。

ペット火葬に役立つ知識!初めてでも満足できる葬儀にするための情報まとめ

ペット火葬を執り行うには当然費用がかかります。
費用はペットの種類やサービスによるのでピンキリですが、事前に確認しておけば予算の中で満足いく葬儀を行うことができるでしょう。
また、初めてのペット火葬では詳しいマナーが分からないという人も少なくはありません。
なにに気を付け、なにを心掛けたらいいのか、きちんと供養してあげるために自分ができることは何かを学びましょう。
ここで正しく満足いく供養ができれば、ペットのあの世で幸せになってくれることでしょう。

ペット火葬にかかる時間の内訳をチェック

今やペットブームのため、かわいいペットを土葬するのではなく、人間と同じように火葬する、いわゆるペット火葬が当然のようになってきています。
特に大型に犬などがペット火葬の代表です。
ペットは犬や猫など大きさもいろいろですから火葬に時間の違いがあります。
内訳として犬は一時間、猫はその半分くらいです。
ペットが身につけていた道具も火葬となる場合がありますから、それらを含めるともっと長くなります。
かわいがっていたペットですから火葬してやることで悲しみを小さくできることでもあります。
昔ながらの土葬もありますが、あくまでも庭がある程度ある人ですから、都心部やマンション暮らしの場合は火葬が多いでしょう。
ペットも安心してあの世にいけるのかもしれません。
そのことで飼い主も悲しみを抑えながら死を忍ばせながら、ペットをあの世で愛していくことでしょう。
それがペットと飼い主との深いきずなで結ばれている証なのかもしれません。

ペット火葬で小動物を見送るときの手順

小さな体の小動物が亡くなった時、火葬ができるかどうか悩む方も多いと思います。
こんな小さな体をペット火葬すると骨が無くなってしまうんじゃないのか?など疑問が残ります。
結論として、火葬をすることは可能です。
小さいペットでも、ちゃんと飼い主さんがお骨を拾ってあげることも可能です。
ハムスターなど、小動物でもしっかりとお別れをすることができますよ。
手順としては、通常の大きい犬や猫と同じく、ペット火葬社に問い合わせるところから始まります。
予約がすぐに取れるようならそのままで大丈夫ですが、夏場などで予約に時間がかかる場合は遺体を保存しておくことが必要となります。
しっかり遺体を綺麗にしてあげてから、箱や保冷バッグなどに保冷剤と一緒に入れて安置しておきます。
自宅近くで火葬を行える訪問火葬と、霊園で行う施設火葬と2種類あるので事前に確認を取っておいてください。
安心してペットが旅立てるよう、飼い主さんがきちんと心の準備ができる状態になったら大好きな家族とのお別れを行ってくださいね。

ペット火葬の対象となる爬虫類とは

ペット火葬会社では、蛇や亀、トカゲといった爬虫類の火葬を対象としているところも少なくありません。
犬や猫と同様に遺骨を残すことができます。
蛇や亀を火葬してしまうと骨や甲羅を残すことができないのではと思われがちですが、しっかりと残すことができ、大切なペットに寄り添って供養することが可能です。
ペット火葬会社では、ペットの種類だけでなく重さなどによっても費用には違いがあります。
例えば、大きな亀を火葬する場合、高額な費用がかかってしまうこともあるため、料金トラブルに悩まされてしまうことがないように事前に確認しておくといいでしょう。
近年、ペットブームにより種類を問わず様々な動物の対象範囲が広がっています。
蛇や亀、トカゲのほかにもイグアナやヤモリなども可能としているペット火葬会社も増えています。
動物の種類によって火葬方法には違いがあるのも特徴です。
また、火葬時間にも違いがあるので確認しておくことをおすすめします。

ペット火葬ではプランの選択も大切

ペット火葬にもいつくかのプランがあり、どれを選ぶかによってかかる費用も違いますし、内容にも差が生じてきます。
したがって用意されているプランをじっくりと比較してみて、重視したい条件に合わせて適切なものを選ぶとよいでしょう。
たとえばペット火葬を合同で執り行うのか、それとも個別で執り行うのかは重要なポイントです。
合同のほうは他のペットといっしょになるため、費用的には安上がりになりますが、火葬後に遺骨は返還されませんので、個別にお墓を建てて供養することができません。
この場合にはペット霊園の一角に設けられた合葬墓に他のペットとまとめて納骨されることになるのがふつうです。
個別の場合には費用は高くなりがちですが、遺骨は返還されますので、個別にお墓を建てることができますし、納骨のタイミングももとの飼い主がみずから決めることができます。
個別にペット火葬をする場合には、人間と同様に飼い主やその家族が集まり拾骨をすることができる場合もあります。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬で後悔しないために

このサイトでは、はじめてのペット火葬でも満足できる葬儀を行うための知識をまとめて紹介しています。 ペットを家族同然として迎え入れる家庭が増えたことで、亡くなったときには人間と同じように弔ってあげたいと考える方も増えています。それでも、法的に厳しいルールがあるわけではないので、飼い主の気持ちに沿わず処理してしまう業者も少なくはありません。 そこで、大切な家族を送り出すために、事前に役立つ知識を持っておくのがいいでしょう。

Search